閲覧数:151

ミルクの量、タイミングについて

Chiko
3回食、ミルクは4回与えています。

06:30~07:00 離乳食①80g、ミルク①160ml
11:00~12:00 離乳食②100g、ミルク②140ml
14:00~15:00 ミルク③180ml
17:00~17:30 離乳食③80g
19:00~19:30 ミルク④200ml

離乳食③と最後のミルクの時間が決まっているため、時間調整として間の離乳食とミルクはセットで与えないことがあります。(離乳食を与えた1時間後にミルクなど)
外出前の調整として敢えてすぐ与えないこともあります。

・離乳食とミルクの時間を空けると「食事」の回数が増えてしまいます。食べさせたあとにすぐ飲ませ、"「食事」は1日○回"ときちんと区切ったほうがよいでしょうか?
・ミルクの回数、量は多いでしょうか?

2024/3/10 13:05

久野多恵

管理栄養士
Chikoさん、こんばんは。
ご相談いただきありがとうございます。

10か月のお子様のミルク量とタイミングについてのご相談ですね。
1日のスケジュールをご記載いただきありがとうございます。

早寝早起きのとても良いリズムで生活されていますね。
離乳食とミルクは必ずしもセットにしなくてはいけないということではないので、今のスケジュールで問題ないですよ。
14~15時頃のミルクは、幼児期になったらおやつ+牛乳などに移行していきますし、寝る前にミルクをあげるばあいは、3回目の離乳食後のミルクを与えないというように調整する方も多いです。

お子様が欲しがって泣くようなことがなければ問題ないですし、1日のミルクのトータル量も離乳食後期の目安量通りなのでとても良いと思います。
ご参考までに離乳食後期のミルクの目安量を添付します。1日4回のミルクであっても、トータル量が飲めているので問題ないです。

【ミルク+3回食(生後9ヶ月頃~)】
・1回の授乳で200~220ml、2回程度
・離乳食後に80〜120ml、3回
★トータル5回、500~700mlが目安


ミルク量の調整が必要になるのは、お子様の身長と体重が成長曲線のカーブに沿っていない場合です。
今のリズムと量で、お子様の身長と体重が成長曲線のカーブに沿って伸びており、体重の停滞や急激な伸び等がなければ大丈夫ですよ。

お子様の発育の変動を見ながらミルク量を調整してあげてくださいね。
よろしくお願いいたします。

2024/3/11 21:39

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳10カ月の注目相談

0歳11カ月の注目相談

離乳食の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家