閲覧数:111

下痢など体調不良時の離乳食について

パンプキン
お世話になっております。
1歳3か月の娘は、これまでのアドバイスのおかげもあり、食べることが大好きな子になりました。
そのためか、下痢や発熱があっても食欲があることが多く、与えるものに気を遣います。
お聞きしたいのは次の2つです。
1つめは、下痢のときの乳製品についてです。ネットで検索すると、乳製品は避けたほうが良いという記事と、ヨーグルトは良いという記事を見かけます。娘はヨーグルトが大好きで、薬を飲ませるのにも重宝しているのですが、ヨーグルトは与えても大丈夫なのでしょうか。また、牛乳も大好きなのですが、加熱したものや、牛乳プリンやバターを使わずに焼いたフレンチトーストなども避けた方がよいのでしょうか。
2つめは、親子ともに体調不良時の離乳食についてです。このようなときにレトルトの離乳食を活用できると助かるのですが、与えてもよいものでしょうか。消化によい食材ばかりを使った物はなかなか見つけられないので、1段階下げた(例えば10か月からと書いてある物)はどうでしょうか。また、レトルト以外で、簡単に出してあげられる体調不良時によいものがあれば教えていただきたく存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2024/1/27 21:36

久野多恵

管理栄養士
パンプキンさん、こんばんは。
ご相談いただきありがとうございます。

1歳3か月のお子様の体調不良時の離乳食についてのご相談ですね。
ご質問に順番にお答えいたします。

①下痢の時の乳製品について、
下痢の原因が乳製品の可能性がある場合は、乳製品は控えた方が良いですが、普段摂取していて、飲みなれている、食べ慣れているものであれば牛乳でもヨーグルトでも摂取して良いと思います。特にヨーグルトはお腹の調子を整える善玉菌が多いので、大好きであり食べ慣れているのであれば問題ないです。ただ食べすぎないように通常の量にしましょう。 牛乳に関しては、冷たいものでお腹が冷えて下痢が悪化してしまう場合がありますが、温めたものや牛乳を使用したメニューであればよいと思いますよ。 
ただ、乳製品を与え続けることで下痢が継続してしまう場合は、一度やめてみて様子をみていただくと安心です。 乳糖不耐症と言って、乳製品に含まれる乳糖が原因での下痢もありますので、そのことも考慮して、様子をみながら進めてくださいね。

②親子ともに体調不良時の場合は、べビーフードを活用されても大丈夫ですよ。体調不良時は消化機能も低下していることが多いので、1段階下げたものを使用すると安心ですね。 ただ、こちらも食べ慣れたものが安心ですので、新しい食材や食べ慣れていないものは避けるようにしましょう。
それ以外で簡単に出来るものは、おかゆやポタージュスープ、フォローアップミルク、マッシュポテト、にゅうめんなど、主に炭水化物で温かいものがお勧めです。 マッシュポテトは、水分を加えるだけで簡単に出来るフレークポテトも市販されていますし、フォロミを使って、ミルク粥やミルクパン粥でも良いと思います。 消化機能が低下しているときは、栄養価は気にせずに食べられるものを食べられるだけあげてくださいね。

よろしくお願いいたします。

2024/1/28 23:26

パンプキン

1歳3カ月
ありがとうございます。
ヨーグルトも牛乳も、毎日喜んで食べ飲みしているので、乳糖不耐症が原因の下痢ではないか様子を見ながら与えたいと思います。
 親子ともに体調不良時の離乳食について、みなさん通る道なのでしょうけれど本当に大変だったので、 「栄養価は気にせずに食べられるものを食べられるだけ」と言っていただけて、とても気が楽になりました。
自分もダウンしないようにしっかり対策しつつ、教えていただいた簡単なもので乗り切ろうと思います。

2024/1/29 14:11

相談はこちら

相談受付中の専門家

1歳3カ月の注目相談

1歳4カ月の注目相談

離乳食の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家