閲覧数:167

肥満妊婦 通常分娩

orika
36週に入った、肥満妊婦初プレママです。
現在、高血圧合併妊娠で内服調整。妊娠8カ月後半でDMも併発してインスリン注射を始めました。

大学病院で出産予定です。
まず、先生に確認したら38週に促進剤使用の通常分娩を計画してると言われました。帝王切開は肥満、血圧とDM てハイリスクだからやらないと言われました。
時と場合によると思いますが。

通常分娩で会陰ががっつり、切れたらどうしよう。
難産になったら、どうしようと恐怖でしかありません。
咳のしすぎで、肋間神経痛なのか、整形では肋骨ひびかな?とも言われ、1カ月以上たっても治らず、体調管理が出来ていません。  妊娠経過は、赤ちゃん自体2週分くらい大きいとは言われした。35週で2800ぐらいだと言われました。

今更ですが、今からでも間に合う会陰を広げる方法や、難産にならない方法あったりしますか?
散歩は毎日30分程度。
簡単なストレッチは始めようと思っています。

よろしくお願いします。

2024/1/17 2:08

宮川めぐみ

助産師
orikaさん、こんにちは
助産師の宮川です。

ご相談をどうもありがとうございます。
お産に向けてできることについてですね。

会陰切開をせずに済むように、会陰の伸びが良くなるようにできることですが、まずは会陰のあたりをオイルパックされてみるといいと思いますよ。
太白胡麻油やカレンデュラオイル、馬油などをコットンに浸していただき、会陰のあたりに当てます。
次にトイレにいかれるぐらいまで、パックをされておくことを毎日繰り返してみてください。
そうして保湿をされることで、伸びが良くなります。
そしてさらに会陰マッサージも可能であれば、されてみるといいですよ。会陰を真下、時計の6時方向に清潔な指を入れて押し下げるようにしていただきます。
次は4時、8時方向にも指を入れてグーっと押し下げるようにします。
指には、先ほどのようなオイルをつけていただき、それぞれの方向に3~5回ずつでも下げて、広げるようなイメージでマッサージをしていただくといいと思います。
毎日続けていただくことで、変わっていくと思いますよ。

またお散歩も無理のない程度に時間を距離を調整してみていただけたらと思います。

そしてお体を決して冷やさないようにもしてみてくださいね。
足元から冷え対策をしっかりと行ってみてください。
冷えているとなかなかいい陣痛が来ません。
常にレッグウォーマーを寝ている時にも履いて、冷やさないようにしてみてください。

温かいお体になると痛みの感じ方も変わりますし、お産の進みも良くなりますよ。

よかったら参考になさってみてください。
どうぞよろしくお願いします。

2024/1/17 15:10

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠36週の注目相談

妊娠37週の注目相談

出産の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家