閲覧数:390

牛乳について

みみみ
お世話になってます。

来月で1歳になる男の子を育てているのですが、
一歳を機に断乳をしようと思っておりその後牛乳か豆乳を飲ませよあと思うのですが、
牛乳が鉄分の吸収を阻害すると聞いたことがあって牛乳を飲ませない方がいいのではないか(子どもにとって鉄分が大切だと学びました)牛乳の メリットは何でしょうか?

また牛乳や豆乳の飲ませ方ですが一度に100mlも始めは飲まないかなと思っていて水分補給の麦茶と同じようにちょこちょこ飲ませるようにしたらいいのでしょうか??

2023/11/20 10:49

久野多恵

管理栄養士
みみみさん、おはようございます。
ご相談いただきありがとうございます。

1歳のお子様に牛乳や豆乳を与えるご予定なのですね。
共にたんぱく源ではありますが、牛乳は乳製品であり、カルシウム補給・エネルギー補給・たんぱく質補給が目的となります。一方豆乳は乳製品ほどのカルシウムは含まれないので、たんぱく質補給が目的となります。

よって、母乳や育児用ミルクを卒業したのちに与えるように推奨しているのは、乳製品であり、牛乳やフォローアップミルク、ヨーグルト、チーズ、スキムミルク等になり、1日300~400ml程度が目安量となります。豆乳は乳製品には含まれないものになります。

牛乳貧血という言葉もあるので、牛乳を飲みすぎることで鉄分の吸収を阻害してしまうということはありますが、1歳未満のお子様にミルクや母乳の代わりとして牛乳を飲用目的で与えることがないようにという注意喚起はあります。 ただ、幼児期の牛乳は大切なカルシウム源であり、吸収率の高いカルシウムを乳製品から摂取することは推奨されていますよ。

鉄分も幼児期にはとても大切な栄養素です。脳や身体の発育にも関わってきますので、不足しないように取り入れることは心掛けていきたいです。

フォローアップミルクは牛乳の代替品として作られているもので、牛乳で過剰になるたんぱく質やミネラル分を減らして、1歳~3歳に不足しがちになる鉄分やカルシウム、ビタミンD、DHAなどを強化したものになります。 鉄分やカルシウムを気にされる親御さんは牛乳の代わりに取り入れているかたも多くいらっしゃいますし、管理栄養士の立場からも推奨するものです。
フォローアップミルクは育児用ミルクとは異なった位置づけなので、卒乳をしてから牛乳の代わりとして取り入れるにはとても良いものですよ。鉄分やカルシウムの補給としてフォロミと牛乳を併用して使用するとよろしいかと思います。
そのまま飲ませても食事やおやつづくりに活用してもどちらでも大丈夫です。
よろしくお願いいたします。

2023/11/22 7:03

みみみ

0歳11カ月
早速回答ありがとうございます!
フォローアップミルクを牛乳の代わりに飲ませる考えがなかったので参考にさせていただきます!

ちなみにスーパーなどで鉄分の入った乳飲料として加工牛乳があると思うたのですがそういったものを飲ませるよりフォローアップミルクの方がいいでしょうか?? 

2023/11/22 10:03

久野多恵

管理栄養士
みみみさん、こんばんは。
メーカーによって鉄分の含有量が違いますが、あるメーカーの鉄入りの牛乳とフォロミを比較していました。
鉄分の事だけを考えると、鉄入りの牛乳の方が鉄分が多少多く含まれていましたが、フォロミにも幼児期の必要な鉄分を補給するには十分な量が含まれています。
また、フォロミは1歳~3歳児を対象としているので、過剰になる栄養素はなく、不足しがちな栄養素が補給できるものとなります。
例えば、ビタミンDやDHAなどはフォロミから補給すると良いとは思います。

コスパやお子様の好みもありますので、どちらが良いかはご家庭の判断になりますので、以上の事を考慮して検討してくださいね。

2023/11/23 19:20

みみみ

0歳11カ月
ご回答ありがとうございます!

色々試してみて子どもにあった飲み物を探してみたいと思います。
 

2023/11/24 21:23

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳11カ月の注目相談

1歳0カ月の注目相談

離乳食の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家