閲覧数:484

帝王切開について

退会済み
赤ちゃんが小さめのため37週以降に陣痛促進剤を使って誘発分娩の予定です。
小さめの赤ちゃんはストレスに弱い場合があり、陣痛により元気度が下がるようであれば、その時は緊急帝王切開に切り替えると聞いています。
陣痛促進剤も効くまでに時間がかかる人は1週間かかることもあると聞きました。
素人考えで恐縮ですが、それならはじめから帝王切開でいいのではないかと思いました。
ストレスに弱いかもしれない小さめの赤ちゃんを長期戦になるかもしれない陣痛で苦しい思いをさせるかもしれないのに
まずは経膣分娩でトライするのはなぜなのでしょうか。
それでも帝王切開ではなく経膣分娩で生むメリットがあるということでしょうか。

2023/10/10 20:43

宮川めぐみ

助産師
くろさん、助産師の宮川です。

引き続きどうぞよろしくお願いします。
お産についてですね。

赤ちゃんの状況により、誘発分娩から帝王切開に切り替える予定なのですね。
帝王切開になぜはじめからしないのかという事なのですが、それはくろさんと赤ちゃんにリスクがそれぞれあるからです。
帝王切開は、お腹を切ることになります。
麻酔を使用して、お腹を切ることにより、その術後に色々な合併症が起こりうります。
また産後、お傷の痛みがあったり、お傷もずっと消えずに残ることもあります。
子宮にもお傷があることで、次の妊娠でも帝王切開になることがほとんどになりますし、お傷のところが薄くなっているとさらにその後の妊娠がとてもリスクのあるものになることもあります。

また赤ちゃんも産道を通って生まれてこないことで、肺に溜まっている羊水を絞り出して生まれてくることができません。
その分生まれてから呼吸が多呼吸になったり、辛くなることもあります。

今のくろさんと赤ちゃんに置かれている状況から、まずは誘発分娩を選択して、状況により帝王切開に切り替えていく方が、メリットがそれだけ多いということになる判断をされてのことになるのかなと思いました。

また先生にもお話を伺ってみていただくのもいいかもしれません。
良かったら参考になさってみてください。
どうぞよろしくお願いします。

2023/10/11 11:55

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠35週の注目相談

妊娠36週の注目相談

出産の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家