閲覧数:94

ほうれん草のアク抜きについて

ビビ
初めまして。
一歳3ヶ月の女の子を育てています。
食が細いのですが、ほうれん草だけは完食するため毎日ほうれん草を食べさせていました。離乳食の本に、生のほうれん草を切って炒めたメニューがあり、それを特に喜んで食べるため、ここ一か月ほど毎日あげていました。1日およそ40gかと思います。ネットでは離乳食の間はアク抜きが必要とあったため、娘の健康に問題が出るのではと不安です。ほうれん草が大好きなので、なるべく食べさせてあげたいのですが、どのような頻度で調理はどのように気をつけたらよいか教えてください。また、食べてしまったシュウ酸が結石にならないようにする食材などありましたら教えてください。

2024/5/12 22:44

小林亜希

管理栄養士
ビビさん、こんにちは。

ご相談ありがとうございます。
1歳3か月のお子さんのほうれん草のあく抜きについてお悩みなのですね。

ほうれん草はあくの強い食材になりますので、あく抜きをしてから召し上がるようにされるのが安心ですね。
ご心配されているシュウ酸は茹でこぼすことで、含有量が少なくなります。茹でこぼしをしたものを使用していくようにしましょう。
頻度に決まりはありませんが、いろいろな食材から栄養をとることが望ましいですので、一つの食材に偏らないように進めていけるとよいです。

今まで食べてしまった分をというのがなかなか難しいですが、
今後は、カルシウムの多い食品と組み合わせて食べることで、便として排泄されやすいと言われています。
よろしくお願いします。

2024/5/13 10:26

相談はこちら

相談受付中の専門家

1歳3カ月の注目相談

1歳4カ月の注目相談

離乳食の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家