閲覧数:142

ミルクの量について

ぺす
出生時3736g
生後50日の現時点で5.1kg超
母乳の出が悪くほぼ完ミです。
搾乳すると20~50mlです。

産まれた時から、吐き戻しが多いのですが、その後また欲しがり、入院中は足りなくて泣いてる事が多かったのでミルクを足してましたが、相変わらず吐き戻しが多いです。

段々と増やして1ヶ月位から100~120mlあげてましたが、直後にドバっとミルクを吐き戻したり、数十分~数時間後に消化不良なのかヨーグルト状の吐き戻しが多いので、数日前から量を減らし様子を見て1時間半~3時間位あけて60~100mlあげています。
(1日に650~700ml位になるよう調整してます)

吐き戻し量は減りましたが、ヨーグルト状の吐き戻しは変わらずあります。

おしっこは1日9回前後 たっぷりします。
うんちは便秘気味なのか1~3日に1回します。1日に沢山する日もあります。
日々元気そうで、体調に異変はなさそうです。

ミルクの量がまだ多いのでしょうか?
 ミルク缶には120~160mlが適量と記載あり、1回に飲む量が少ないのが心配です。

どのように対処すべきかアドバイスお願いいたします

2024/5/8 18:59

在本祐子

助産師
ぺすさん、こんばんは。
ご相談くださりありがとうございます。
5キロの1ヶ月のお子さん、体重が2キロほど1ヶ月で増えたとするならば、やや過飲気味だったのかもしれませんね。
5キロであれば、1日650-700mlのトータル哺乳量で良いと思います!
1回量や1日の哺乳回数はお子さんにより好みが異なりますが、吐き戻ししやすいお子さんであれば、1回量は今のように少し減らし気味で良いです!

赤ちゃんは胃の形状が縦型であることや、胃と食道を結ぶ筋肉や喉の筋肉がまだ弱いため、容易に吐き戻します。
ゲップと一緒にタラっとするいつ乳から、腹圧がかかり胃が圧迫をうけて大量に吐くものまで様々です。

吐き戻しの多くは上記の様な要因によるものがほとんどですので、病的なものではなく、生理的な現象です。

・ゲップを細めにする
・飲んでからしばらくは抱っこする
・横向きに寝かせる
などが対策になりますが、対策をしても吐いてしまうこともあります。 
やむを得ないところもありますので発育をチェックしながら、発達を見守りましょうね!




2024/5/9 20:25

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳1カ月の注目相談

0歳2カ月の注目相談

おっぱい・ミルクの注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家