閲覧数:380

手根管症候群

りー
こんにちは
妊娠後期に入ってから手の痺れがあり産婦人科に相談すると手根管症候群と言われました。
手のひら、指先が痛くて痺れていてひどい時は夜も眠れないほどです。
漢方114番を出されて飲んでいましたが劇的な効果はなかったので昨日の健診時に追加でだしてもらうのをやめました。すると昨日の夜に服用してから寝ても手の痺れ、痛みや前腕、上腕が熱を持っている感じがして一睡もできませんでした。
整形外科にいきましたが妊婦には何もできないと言われて診察だけで終わりました
漢方も後2袋しかないので明日産婦人科に連絡して追加で出してもらうしかないでしょうか⁇

マッサージ、お風呂に入って温める、就寝中は湯たんぽも入れており体をあっためています。
他に何かできることありますか⁇
手がピリピリして痛くて生活に支障があります。

2024/1/31 18:00

在本祐子

助産師
りーさん、こんにちは。
ご相談いただきありがとうございます。
手根管症候群と診断され悩まれていましたね。
手根管症候群は、妊娠や出産にまつわる時期の女性に多いのが特徴とさるはています。
一般的には、仕事・スポーツ・家事などで手首を使い過ぎによる症状であることが多いです。ですが、女性ホルモンのバランスの乱れも関係しているといわれています。
正中神経にそって、手指が痺れてしまったり、痛みや感覚が鈍くなります。
初期には指の痺れですが、徐々に痛みに広がります。夜間と早朝に症状が強くなるようです。

症状が強いときにはできるだけ手を使わないでおきましょう。手首を固定する方が楽であれば、手首に使うサポーター的なコルセットを用いると手首の安静が保たれて、楽と感じやすいようです。

消炎鎮痛薬で痛みを抑えますが、今回処方されなかったとのことですね。ですが、漢方薬を使うことで、一助を担うことも十分ありそうですから、おっしゃるように、漢方薬を使われた方が良いような印象です。

また産後以降であれば、末梢神経の保護・再生を促すビタミンB12製剤を使ったり、ステロイド薬の局所注射も行われているようです。薬物療法で改善しない場合には、手術を考慮します。

現段階では、漢方薬の内服と、手への負担を避け、ご様子を見ていくようになると思います。
妊娠中、ご不快とは存じますが、どうぞよろしくお願いします。お大事になされてくださいね。




2024/2/1 14:53

りー

妊娠30週
返信ありがとうございます。

整形外科の先生には腱鞘炎も起こしていると言われましたが湿布も出せないB12も出せないと言われて漢方も置いてないと言われました。また今8ヶ月なので後2ヶ月の我慢やねって言われてこの眠れない状態が2ヶ月も続くのは苦痛でしかないと思いました。
昨日産婦人科に連絡し追加で無事に漢方を処方してもらいました。
今も症状は続いていますがなんとか耐えられる感じです。
市販もされていない物だったのですごい不安でした。
手が使えないので一昨日は家事もせず寝て過ごしてました。
こんなのでいいのかと悲しくなってしまう時もありましたが昨日は普段の生活を少しできてよかったです。

不安でいっぱいだったので優しく丁寧に答えて下さり嬉しかったです。
お忙しい中ありがとうございました。またよろしくお願いします。

2024/2/2 9:48

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠30週の注目相談

妊娠31週の注目相談

妊娠中の体調の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家