閲覧数:157

大泉門の大きさ(直径)が大きめかもしれません

めえ
4か月健診の医師の診察で、耳の上が少し出っ張ってるような気がして聞いたところ、「丸い方だと思いますけどね」とおっしゃっていて、その文脈のなかで詳しくは忘れてしまいましたが、「この子ちょっと大泉門がゆるめだから」という言葉がありました。

その時は、だからどうという話でもなかったし、主題が頭の形の話だったので気にしてませんでした。

しばらく経って、そういえば上の子よりも、大泉門の直径が大きいのかな?と心配になってきました。

調べたら平均3センチとのことで、見えないですし、あまり触れないのでよくわかりませんが、3センチより少し大きいようにも思えて不安になっています。

今度BCGの注射があるのでそのとき小児科で聞こうとは思うのですが、それまで期間があり、心配でいてもたってもいられなくなりご相談させてください。

4か月健診でも、病気や障害が示唆されたわけではないので大丈夫なのでしょうか?

気をつけてみていたほうがいいことはありますか?

2024/1/20 21:12

前川未歩(神奈川県助産師会所属)

助産師
めえさん、ご相談承ります。
4か月健診、ママもお子さまもお疲れさまでした。大泉門がゆるめと小児科診察でのお言葉が気になるのですね。

赤ちゃんの頭の大きさも形も様々です。髪の毛が少なく短いので余計に気になることもあることでしょう。大泉門の大きさは、お子さまの頭の大きさにも関連しますので、3センチよりも大きいこともあります。

脳は、生後8か月頃までに新生児期の2倍の大きさになると言われています。そのためにゆとりとして、大泉門がしばらく開いたままになっています。9-10か月頃から閉じ始めます。そのころに小さくなってきたかなと確認できれば大丈夫ですよ。

ゆるめという単語が一般的に小児科医師の間で使用されるのかどうかはわかりかねます。その時の小児科医師のご様子などから異常ではなさそうだと、目枝さんも受け取られているご様子を感じ取りました。病気や障害の可能性のお話しもなかったですね。

大切なことは、拡大していないかどうか、そして適切な時期に閉じ始めるかどうかです。
急に大泉門のことが気になりましたね。大きくなってきたのかどうか、わからなくて余計に混乱していらっしゃるかなとも想像いたします。6か月頃のBCGまで、した方がいいこと、しない方が良いことは特にありません。気になって何度も触りたくなるかもしれません。
その皮膚の内側には大切な脳が入っています。これまで通り触りすぎない、強い刺激を与えない、シャンプーしたりよしよしする程度でお世話してあげましょう。

一呼吸ついて、お子さまの様子を見てあげましょう。いつもと同じ、今まで育ててきた、我が子ですね。大泉門がゆるい子が急に目の前にやってきたわけではありませんね。正常範囲内の個性だと安心してよろしいのではないかと思いました。

心配が続き、予防接種が待ちきれないようなら、かかりつけの小児科を受診するのもよろしいと思います。「4か月健診で大泉門がゆるいと言われたことが気になる」という受診目的は、お子さまの命を守る母親の安心につながる大切な受診だと私は思います。
よろしくお願いいたします。
ご相談ありがとうございました。

2024/1/21 10:37

めえ

0歳4カ月
いつもあたたかいお言葉ありがとうございます!安心しました。BCGは早めに予約しているので、そのときまでこれまでどおり過ごして、その時に聞いてみることにします。
この度はありがとうございました。

2024/1/21 18:31

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳4カ月の注目相談

0歳5カ月の注目相談

赤ちゃんの心と体の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家