閲覧数:347

乳幼児突然死症候群について

えり
お世話になります。
現在、生後7日目の赤ちゃんを育てています。
  乳幼児突然死症候群について教えていただきたいです。
 ネット等で調べると、原因は明らかになっていないものの、暖めすぎによる「うつ熱」や、うつ伏せ寝などが発症率を高めるとありました。
  日中は室温20度で、短肌着+コンビ肌着+カバーオールで毛布をかけて過ごしています。
就寝時も同様の環境で過ごしています。
この服装や環境は暖めすぎる 状況にあてはまりますか?
夜間授乳時、手を触るととても冷たかったので、掛け布団も掛けた方がよいのかな?とも思っています。
不安でどこまでをしたら良いのか分かりません。

 お忙しい中すみませんが、現状維持でよいのか、変えた方が良いのか、又改善策等を教えていただきたいです。
宜しくお願いします。

2024/1/7 21:24

前川未歩(神奈川県助産師会所属)

助産師
えりさん、ご相談承ります。
ご出産おめでとうございます。ご退院されてから、赤ちゃんの過ごす環境にご不安な気持ちが出てきたのですね。

室温に関しては、お住まいの地域やお部屋の広さや日当たりなどでも体感温度は異なります。ご使用の暖房器具の設定温度ではなく、気温と体感で確認されることをお勧めしますよ。
着せていらっしゃるものは、カバーオールの記事などにもよりますが、季節的にはちょうどよさそうに思いました。毛布は熱がこもってしまうこともありますので、必要な時にお使いになるとよいと思います。生後早期はバスタオルやおくるみなど、お洗濯がしやすく吸湿性の良いもののほうが体温調整をしやすい場合があります。

赤ちゃんは体の中心部に熱をためようとするので、手足がひんやりしていることは通常よくあります。産後のママの手自体が暖かいことも多いので、赤ちゃんの太ももや腕のあたりが冷えていないか確認してあげるとよいですよ。
赤ちゃんは足の裏で体温調節をしています。足の裏がしっとりとしてペタペタしている場合には汗をかいているサインです、少し暑いのかもしれません。頭に汗をかいていたり、背中がしっとりしている場合も暑がっているサインです。濡れたものは体温を奪いますので、着替えてから掛け物で調整してみましょう。

このようなご回答でご心配は解消されますでしょうか?
ママがパジャマ一枚で過ごせるくらいの環境がちょうどよいです。よろしかったら参考になさってください。
今回のご相談に関して、より具体的にお聞きになりたいときには、またご返信をくださいね。

ご相談ありがとうございました。
お大事にお過ごしくださいね。



2024/1/8 12:56

えり

お返事が遅くなり申し訳ありません。
詳しく教えてくださりありがとうございます。
足の裏を確認しながら様子をみていきたいと思います。 

2024/2/11 11:08

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠40週の注目相談

妊娠41週の注目相談

赤ちゃんの生活の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家