閲覧数:558

一歳になったから?子供への愛情が減った気がする

みい
初めて相談させて頂きます。

先日1歳の誕生日を迎え、その後なぜか子供を以前のように全力で可愛いと思えていない気がして、悲しくて泣いています。
自分なりに考えて、卒乳が原因?一年頑張りすぎて肩の力が抜けてしまったのか?疲れてしまったのか?よくわかりません。

誕生日その日に卒乳しました。おっぱい大好きな娘だったのですが、卒乳少し前からおっぱいを欲しがったらお外に行ったりおやつをあげたりしたいたら、1日10回以上授乳していたのが5回、3回、1回とみるみる減り、すんなり卒乳出来ました。もう赤ちゃんじゃなくなったのが寂しくてもっと授乳を続ければ良かったと少し後悔していますが、もう娘はおっぱいを欲しがりません。
夜中も2時間おきに起きるのでずっと寝不足だったのが、卒乳してから突然朝まで寝てくれるようになり、寝不足も解消されたし、あまり食べなかった離乳食もたくさんたべるようになったし、悩んでいた事が解決策したのになぜか余計疲れを感じるし、可愛いー!!と思う瞬間が減ってしまいました。
今も娘は大好きでとても可愛いのに、、それが悲しくて涙が止まりません。

乱文すみません。このように卒乳したからか、一歳の変化で私と同じような感情になる母親っているのでしょうか

2023/12/25 4:55

前川未歩(神奈川県助産師会所属)

助産師
みいさん、ご相談承ります。
お子さまの1歳のお誕生日おめでとうございます。
そして、みいさんも母親として1年間、お子さまのお世話と母としての成長、よくやってこられましたね。おめでとうございます!
卒乳もおめでたいことだと私は思います。

卒乳と同時に、愛情が減ったように感じるのですね。肩の力が抜けて、疲れなども影響しているのかなと思うのですね。

私は「安堵」というお気持ちもそこにプラスしていただきたいなと思います。誕生から1年間、赤ちゃんの栄養はママの母乳で、自分の食べたものから、自分の体調を整えながらの授乳でしたね。全力で、命を守ろうと、母乳はもちろん自分の睡眠時間を削ってお世話してきた日々でしたね。その緊張感や責任感などの、楽しみと紙一重の重圧からの解き放たれた感覚がありませんか?

もっと手を焼くかも知れないと想像していた卒乳も、すんなりと完了したのですね。それは、みいさんがこの1年間、栄養としての母乳だけではなく、心のつながりを十分に育み強くつないだ結果、母乳以外からママの愛情と信頼を感じることができている証だと私は思います。素晴らしい絆をこの1年間で作り上げたのだと、ご自身をたくさんほめて労ってあげて欲しいと思います。

みいさんは授乳に癒されていたのですね。娘さんを抱き、温かさを感じ、つながりながら安心して過ごせるあの時間…。とっても素敵な授乳時間だったのだろうと想像します。その時間が恋しいですね、寂しいですね。もうすぐ懐かしさまで感じるかもしれません。

子どもの成長は本当に早いです。すんなりと卒乳できるくらい、心の芯が強い娘さんです。あんなに、あんなに、大変だったり、しんどかったり、悩んだこともたくさんあったのに、手が離れるのはあっという間だったりします。それでもお子さまは、ママへの愛情と信頼がこれからもずっと必要です。形が変わるだけです。物理的にも時間的にもくっついていた授乳から、駆け寄ってくる笑顔だったり、胸に飛び込んでくる勢いだったり、時には甘えて駄々をこねて…。愛情を伝える形や方法が変わるだけなのだと思いますよ。これから先、思春期になっても、幼い時の母親との絆は切れることはありません。

だから、みいさんも違う形を見つけましょう。癒される方法、自分の気持ちを豊かにしてくれる娘さんとの新しい交流です。絵本を読む、一緒に歩く、手をつなぐ、歌を歌う…、これまで2人で作ってきたリズムはこれからも続いていきます。
悲しさを十分に感じてもよいと思います。たくさんの幸せがあったからこそ授乳がなくなったことが悲しいんですね。裏を返すと、それだけ授乳が大好きだったということです。
さあ、ママの乳離れですよ。じっくりと娘さんを見つめ関わりながら、どんな形を作っていきましょうか?焦らずに、コトコトとお鍋を煮込むように、温かい形を見つけてくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。
ご相談ありがとうございました。

2023/12/25 11:15

相談はこちら

相談受付中の専門家

1歳0カ月の注目相談

1歳1カ月の注目相談

ママの心の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家