閲覧数:218

うつ伏せ寝

おつな
生後3ヶ月ですが、最近寝返りをするようになりました。
寝ている時も寝返りをしようとするようになり、止めようとはしますが嫌がり、泣いて起きてしまいます。
しかし、うつ伏せた時にはまだ顔を横に向けれずに、真下にしてつっぷそうとするので、窒息の心配やSIDSのリスクを考えると不安です。
昼間は自分が起きているので、すぐに気づき顔を横にしたりできますが、夜間が不安です。
なにか対策を取るにはどうすべきでしょうか?

寝る時は敷布団を並べて寝ていて、子どもはスリーパーのみで掛け布団等は欠けていません。

2023/12/4 10:18

在本祐子

助産師
ツナ缶マンさん、こんばんは。
ご相談いただきありがとうございます。
お子さんが寝返りをするようになりましたね。
成長が感じられますね。

確かに、うつ伏せ寝による乳幼児突然死症候群のリスク回避のため、お子さんの寝かしつけには仰向けが推奨されています。


窒息事故はベットと壁に挟まれる、柔らかい寝具に頭が抜け出せなくなるなどもありますので、まだ十分気をつけておくことをお勧めします。



就寝中も出来る限り、仰向けに戻す方が安心ですが、100%は難しいこともありますよね。


厚生労働省では、寝返りと寝返り返りのいずれもできるならば、夜間は仰向けに必ず戻さなくてもよいとしています。


その見解の詳細は以下です。

寝返りは、赤ちゃんの成長にとって重要で自然な発達過程です。米国国立衛生研究所(および米国小児科学会)によると、赤ちゃんがあおむけからうつぶせと、うつぶせからあおむけのどちら側からでも自分で寝返りができるようになったら、あおむけ寝の姿勢に戻す必要はないとされています。
乳幼児突然死症候群のリスクを減らすために重要なのは、眠り始めるときにあおむけ寝の姿勢にしてあげることと、寝返りをした時に備えて赤ちゃんの周囲に柔らかな寝具を置かないようにすることです。


https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000140459.html

しかし、まだ寝返り返りができない状態ですので、気がついたら仰向けに戻してあげることをお勧めします。
もう少しのことだとは思います。
日中、たくさんゴロンと遊ばせて寝返り返りを促すのも効果的と思いますよ。
よろしくお願いします。


2023/12/4 17:43

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳3カ月の注目相談

0歳4カ月の注目相談

赤ちゃんの生活の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家