閲覧数:319

肌について

あずき
こんばんは。もうすぐ6ヶ月になる娘についての相談です。生後3.4ヶ月ごろより足のうち太腿当たりに赤い発疹が所々見られ始め、小児科で薬を処方してもらいました。赤い湿疹の範囲は次第に広がっていき、足首や両肘の内側も赤くなりましたが、その度にステロイドやステロイドではない塗り薬で対応してきました。
 ステロイドを塗るとすぐに赤みも消えよくなりますが、すぐにまた赤くなるためステロイドが手放せないような状態が今も続いています。

上の子のときには、少し湿疹ができても念入りな保湿で数週間でよくなり、それ以降も肌トラブルなく過ごしていました。
下の子も同様に、おむつ替えのたびに全身の保湿、朝起きたらお湯で濡らしたガーゼ等で拭いて保湿、入浴時の石鹸を肌に良いと評判の石鹸 に変えてみる、など考えれる範囲で保湿剤を変えて試してみたらとしますが、肌の状態は安定しません…

個体差があるから、上の子とちがって当たり前…と
思う一方で、妊娠時の過ごし方や上の子とちがい授乳も混合からミルクのみになってしまい母乳をのまい影響かな?と後悔する気持ちもあります。

小児科の先生からは
「まだ肌が弱いからこれの繰り返し、つるんつるんになることはないから、薬が切れそうになったらまた受診にきてね」「処方した3種類の薬を後は肌の状態をみて使い分けて。母の勘で」と言われ、なんだか悲しくなりました。
どうしても上の子と比べてしまい、上の子の時は5ヶ月なら肌も安定してきてキレイだったし、周りの赤ちゃんもみんな綺麗なんだけどなあ…と比較しては何がダメなんだろうと原因が分からず悩んでいます。

離乳食もはじめたいのですが、肌の状態がある中ではじめてアレルギーにならないか不安もありまだ始められていません。

 赤ちゃんの肌は、どのくらいで安定してくるものなんでしょうか?答えづらい質問ですみません…。
清潔にして、保湿をして…あと何をすればよいのか分からず、ただこのままステロイドなどのお薬を塗るのを続けていくしかないのでしょうか… 薬を塗っては落ち着き、辞めたらすぐにまた、赤くなる様子をみていると辛いです…

2023/11/26 1:36

在本祐子

助産師
あずきさん、こんばんは。
ご相談いただきありがとうございます。
お子さんの肌トラブルがなかなか治らずにお悩みでしたね。
ステロイド外用薬が効いているが、やめるとすぐに湿疹が復活してきてしまうのですね。

人間の肌は何層かに分かれています。
一番表面の層は、ステロイドがすぐに効いてツルツルになりますが、やめたあとにまた湿疹ができるのは、皮膚の中間層や深層に炎症物質が残っており完全には治っていないためと考えられています。

軽い湿疹は表面にしかないのですが、お子さんの場合には、中間層以下にも炎症があるのかと思います。
炎症を叩ききるには、表面が綺麗になっても、少なくとも数日〜1、2週間程度は、医師から指導された回数や期間、ステロイド外用薬を継続することが標準的な方法です。
昨今この治療法はスタンダードな方法で、ステロイド外用薬はすぐにやめず、少しずつ減量していくことで、炎症を抑えた状態を長くしていく方がよいと言われています。

ステロイド外用薬は正しい使用方法で使用すれば、全身性の副作用は考えにくいと言われています。また局所の皮膚が薄くなるなどの副作用は使用頻度が低くなれば元に戻る可逆的な変化と言われています。
様々な研究が進み、ひと昔前とでは、通説が異なってきています。

ママさんと類似したこ質問がありました。医師が回答しています。
よかったらご覧くださいね。

https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/qanda/babymonth5/2945

また、軟膏はしっかりとした量を塗布することではじめて効果が出ます。
薄く伸ばして塗り込むと効果が得られないこともあります。
保湿剤も治療軟膏もベタつく程度の塗布が必要になります。
薬剤師に適量を確認し、指示された量を使ってくださいね。

ステロイド外用薬に関する記事を載せますね。よかったら一読してみてくださいね。
https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/1117

https://baby-calendar.jp/special/hifunokoto/02


沐浴のスキンケアの方法は高杉助産師が動画で解説していますよ。
よかったらご覧になってみてくださいね!

https://www.youtube.com/playlist?list=PL5X6kc70Rx7CgYjTUjh3ig9mR9l99CN-t&feature=share

またベビーカレンダーでも、小児科医師や皮膚科医師が書いた記事があります。添付しますね。

https://baby-calendar.jp/knowledge/baby/1352

https://baby-calendar.jp/special/article/pigeon/01

https://baby-calendar.jp/special/article/pigeon/filaggrin/02

いま一度先生や薬剤師から使用方法など確認され、ママさんが納得した上で処方薬を利用できるとよいですね!

2023/11/27 0:16

あずき

0歳6カ月
お返事ありがとうございます。
とても丁寧に教えて下さって、有難うございます。皮膚の表面の赤みがとれていても、その下の層まで炎症がひろがっていたらすぐにまたぶり返してしまうんですね。赤みがとれても、しばらく薬をぬってみようと思います。
ステロイドや保湿に関する記事も教えていただいて、有難うございました。何回も読んで、理解して今後に役立てていきたいと思います。 

2023/11/30 0:17

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳5カ月の注目相談

0歳6カ月の注目相談

赤ちゃんの心と体の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家