閲覧数:366

第一子の出産がトラウマになってしまいました

ri
つい先日第一子を無痛分娩で出産したのですが、 かなりトラウマになりました。
途中までは順調に痛みなく産めていたのですが
赤ちゃんの旋回異常で頭が6時の方向に向かなければいけないところ2時の方向を向いていたせいか陣痛の途中で肛門に激痛がありフェンタニルが定時で入っていてもほぼ効かない状態で4-5時間経過して痛くて声と涙が出ました。
また最後は、今までの経過からフェンタニル定時では痛みが取れなさすぎるということで定時の麻酔が切られ、濃度の濃い麻酔を助産師さんの手でショットという形で入れてもらっていたのですが
最後取り出す際にちょうど切れてしまい、痛いと泣き叫んだのですがもう取り出す直前だったのですぐに麻酔を追加してもらえず麻酔がほぼ効いてない中  赤ちゃんの頭が大きくてひっかかり 肩もひっかかり その中いきみ、助産師さんのお腹押し、吸引があり 本当に痛くて泣き叫びました。 理想のお産にするために無痛分娩にしたのにと、これが本当にトラウマで夜になると涙が出てきます。
他の方の無痛分娩のお話を聞いているとするんと出てきて出すときの痛みは全くなかったと言う方が多くて羨ましくて辛いです。私もそんな風に冷静に産みたかったのにと思ってしまいます。
また親にこの話をすると普通分娩はもっと痛いんだからと理解されず辛いです。

 でも第二子が欲しくて…。
第一子はそれでも夫がつきっきりでテニスボールを当ててくれたりしたので乗り切れたのですが第二子は第一子を夫に見てもらわなければいけないので夫の付き添いも難しす1人で産まなければならないと思うと絶対に乗り切れないと思ってしまいます…。親は頼れません。
普通分娩だったなら次は無痛にすればいいと思えるのだと思うのですが、無痛分娩だったので次はどうすればいいのか分からず不安でトラウマで仕方がないです。
どうすればいいのでしょうか…。

2023/11/25 3:29

宮川めぐみ

助産師
riさん、おはようございます。
助産師の宮川です。

ご相談をどうもありがとうございます。
先日ご出産をされていたのですね。
かなりトラウマになってしまったいるということで、貴重なお産の経験がそうなってしまったこと、とてもお辛いと思います。

しかし、お子さんが無事に生まれてきてくれたことは、とっても素晴らしいことだと思います。
ご出産おめでとうございます☺︎


今回無痛分娩を希望されていたのですね。
しかし赤ちゃんの回り方がうまく行かなかったということで、その分とても時間がかかっていたと思いますし、痛みも強かったと思います。
riさんもお子さんもとてもよくよく頑張られましたね。

お薬もなかなか効かずだったということで、痛みもお辛かったと思います。
無痛分娩では、麻酔を投与することになりますので、まず陣痛そのものが弱いものになってしまうことがあります。
そのために必ず陣痛促進剤を併用します。
それでも陣痛が弱く、赤ちゃんもうまく回れないこともあります。
そうすると時間がかかってしまうこともあります。
また無痛分娩で力もなかなか入らないこともあるため、吸引分娩、鉗子分娩になることは少なくありません。
riさんのように、お腹を上から押して赤ちゃんを出してあげるということもあります。
今回のお産にはいろいろな要因が重なって起こっていたのかなと思います。
(決して、誰が悪いや何かをしておけば良かったということは後からであれば、いくらでも言えることになってしまうと思います。なのでこのようなことを掘り返すつもりはありません)

とても大変だったと思いますし、お腹を上から押されたことも、赤ちゃんが出てくる時も苦しさもあり、とっても痛みが強かったと思います。
しかしこのことを乗り越えたことで、事実として赤ちゃんが無事に生まれてきてくれたことにはなると思います。

無痛分娩にしたのにというお気持ちもとてもあると思います。
親御さんに理解されなかったことなのですが、わたしは逆に無痛分娩の方が大変になってしまうこともあることをわかっているので、riさんのお気持ちはわかります。。
お産のはじまりの段階では、無痛分娩になっていたかもしれません。
しかし後半はお薬も効いていない状態だったということなので、普通分娩をされているのと変わらない状況だったのではと思います。
それを乗り越えられていたので、その大変なことを乗り越えられたご自身のことをちゃんと認めてあげていただけたらと思います。

そしてお二人目を希望されているということも、とっても素敵なことだと思います。
実際にそれではどのようなお産方法を選択するのかとなりますが、それはゆっくりとこれから考えていただくのでいいように思いますよ。
今回のお産で、無痛分娩、普通分娩の両方を体験されていたようにも思います。

妊娠中から、体の冷えに気をつけたり、整えていき、普通分娩に臨まれたら、思っているよりもすんなりと生まれてきてくれるということもあります。
(体が冷えていると、なかなかいい陣痛が来なかったり、痛みも強く感じることがあります。)

また次は経産婦さんで、お子さんが通り道を作ってくれていることもありますので、経過は一般的にお一人目の時の半分と言われます。

もう少しまた時間が経ってくることで、お産のふりかえりをまたこのようにされてみると、また感じることに変化が出てくるかもしれません。
お産に対して、より考えが深まったり、次のお産に良い影響を起こすことになると思います。
きっと次のお産は、よりriさんの理想とするようなお産になるのではと思いました。

お産を終えられて、すぐにこのようにお産のふりかえりをされることは、とっても素晴らしいことになります。
人生に数回あるかないかの貴重なことになります。

お産の時に感じていたこと、思ったことを振り返って、ご自身でその時のご自身を癒してあげていただくのもいいと思います。
本当に命懸けで頑張りました。
お子さんをご出産されました。

また、もしお産をされたときに関わっていた助産師ともお話ができそうでしたら、お産のふりかえりをされてみるのもいいと思いますよ。
そうしていただくことで、あの時にどうだったのかなと疑問に感じていたりすることがより解決できることもあると思います。
少しでも今回のお産に感じている疑問や何か気になっていることが減るといいように思います。

色々と書いてしまいましたが、何か良かったら参考になさってみてください。

どうぞよろしくお願いします。

2023/11/25 9:24

ri

妊娠41週
回答を読ませていただきながら泣いてしまいました。
寄り添っていただきありがとうございます。

2023/11/25 9:39

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠41週の注目相談

妊娠42週の注目相談

ママの心の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家