閲覧数:434

頭の揺れ

すけりんこ
先程、赤ちゃんとの関わりがあまりない友人が、仰向けで寝ている娘の両足を持ち「足が早くなる練習」と言って早いスピードで左右の足を曲げたり伸ばしたりして動かしていました(空中で走るような感じ)。私は、見つけてすぐに止めましたが5秒から長くて10秒くらいは続けていたと思います。その時、地面についていた頭に揺れが生じていたように見えたため、脳が揺れていたのではないかと心配になり相談させていただきました。

揺さぶられっ子症候群について調べたところ、かなりの衝撃を与えない限りは大丈夫だと書いていましたが、小刻みの揺れに値するのではないかと思ってしまいました。今のところ、母乳の飲みはいつもと変わらず特に嘔吐したとかもありません。目立ったグズりとかもなく、いつも通り目も合います。私の気にしすぎですかね??

2023/11/22 22:53

在本祐子

助産師
すりけんこさん、こんばんは。
ご相談いただきありがとうございます。
お友達と赤ちゃんの関わりについてご不安なお気持ちになりましたね。
色々とお調べになられたご様子ですが、再度、日本小児科学会のホームページより、保護者の方向けの文書がありますので一部抜粋してお伝えしますね。

以下 日本小児科学会発行媒体より

乳幼児揺さぶられ症候群というのは、まわりから見れば「あんなことをしたら、子どもが危険だ」と誰もが思うほどに激しく、 乳幼児が揺さぶられたときに起こる重症の頭部損傷です。

赤ちゃんというのは頭が重たくて頚の筋肉が弱いので、揺さぶられたときに頭を自分の力で支えることができません。
その結果、速く強く揺さぶられると、頭蓋骨の内側に脳が何度も打ち付けられて、 赤ちゃんの脳は損傷を受けるのです。これだけでも、重大な脳損 傷を起こす危険性がありますが、揺さぶられて具合の悪くなった 赤ちゃんを見て驚いた養育者が赤ちゃんを放り出したりすれば、 頭部はさらに大きな衝撃を受けてしまいます。

こうして、命を落とす乳幼児は少なくありません。また乳幼児揺さぶられ症候群の結果、命が助かっても次のような症状を起こすこともあります。

・脳の周りの出血(硬膜下血腫など)や脳の中の出血
・失明、視力障害
・言葉の遅れ、学習の障害
・後遺症としてのけいれん発作
・脳損傷、知的障害
・脳性麻痺

https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/070815_shaken.pdf

またこれらはすぐに出なくて年単位で経過してから症状が発生する場合もあるようです。
ただし、明らかな揺さぶられエピソードがなければ証明するのも難しいとされています。

何れにせよ、ポイントは、『誰が見ても故意的に揺さぶる様な状態でなければ、揺さぶられ症候群は発症しない』と言うことです。
今回のご相談の動作は頭部が床面に付着しています。心配なさそうですよ。

またよく質問されますが、首が座る前に、首がガクンとしてしまった、車やベビーカーでの振動程度の揺れは、心配なさらくてもよいとする見解が一般的です。

つまり、抱っこする時、お子さんの姿勢を変える時、ゲップにまつわる動作や揺ら揺らとあやす、安定した体遊びなど常識的な範囲に関しては、いわゆる赤ちゃんの日常生活動作ですので、これで頭部に損傷が加わる事はありませんので、どうぞご安心くださいね。

厚生労働省でも揺さぶられ症候群の啓発活動をしています。
赤ちゃんが泣き止まない時の対処も含めてこちらの動画が参考になるかもしれません。
よかったら併せてご覧になってみてくださいね。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000030718.html

https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/0000030731.pdf


2023/11/23 17:01

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳2カ月の注目相談

0歳3カ月の注目相談

赤ちゃんの心と体の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家