閲覧数:1,022

前駆陣痛

さき
前駆陣痛なのかお腹が重くなって体が痛くなっているのか分からないので質問させてください? 
32週頃から何となくお腹の腹や痛みが気になりようになり、妊娠後期だからはりやすいのかな?くらいに考えていました。
だんだん腰痛と下腹部痛とお腹の張りが同時に来るようになり、ここ最近は寝ている時に1.2回程度腰痛、背中の痛みとお腹がカチカチになって起きるてしまいます。お腹がカチカチになると、胃や肋骨の下あたりが痛みます。昼間座っていても腰痛と股関節痛と肛門あたりが痛く、座ってられない程になる事があります。時折り、中から膣あたりを刺激されるように感じる事もあります。
前駆陣痛は生理痛の痛みと聞きますが、下腹部が痛む事はあまりないです。でも、私は生理中は腰痛と肛門あたりに痛みを感じるので、腰痛や肛門あたりの痛みも生理痛と考えて前駆陣痛だと考えて良いのでしょうか?

2023/11/10 10:27

在本祐子

助産師
さきさん、こんにちは。
ご相談いただきありがとうございます。
37週に入りましたね。お産が近づいてきましたね!
この時期から前駆陣痛らしさがあるお腹の張りに対する痛みが生じるのはごく自然ですよ。
痛みも張りに伴っていれば、腰痛や肛門痛に感じる方も当然いらっしゃいます。
ママさんもそのタイプかも?しれませんね。

痛みを伴うお腹の張りが不規則にある段階を前駆陣痛としています。
痛みはお腹の張りのタイミングに生じ、下腹部や腰部に起こりやすくなります。生理痛の痛み、下痢の時の痛みなどと表現される方が多いです。
本陣痛はこの痛みを伴う張りが10分以内の間隔で規則的にくるものを指します。

つまり前駆陣痛と本陣痛は痛みのあるお腹の張りですので、1回1回の子宮収縮は同じです!
違いは、前駆陣痛が不規則な子宮収縮に対して、本陣痛は10分に1回程度のスパンでやってくる規則的な子宮収縮で、お産につながるものです。

今の時点では前駆陣痛になりかけかもしれませんね。

陣痛発来のその機序は様々な研究がなされています。
最近では、陣痛を起こすために、赤ちゃん自身が肺から分泌物を出して、それが赤ちゃんの臍から母体に入り、陣痛を引き起こしていると考えられています。
肺からでる分泌物は、肺が成熟した際に放出されます。
つまり赤ちゃんは自らが、胎外生活に適応できると判断したタイミングを見計らい、安全なお産になることを見込んで陣痛を開始させていると考えられていますよ。

痛みがあり、熟睡できず、ママさんの不快感はよく分かります。
もう少し経過を見ていきましょう。

前駆陣痛から本陣痛に至り、お産になるというか流れが一般的です。
もちろん、前駆陣痛だけが数日〜数週間続くこともありますし、前駆陣痛がなく本陣痛がいきなり始まることもあります。

経過を見ていきましょう!
ですが、中には見落としたくない前駆陣痛ではない痛みのケースもあります。
心配があれば、必ず医師にご相談をよろしくお願いします。

2023/11/11 9:41

さき

妊娠38週
丁寧な回答ありがとうございます!
前駆陣痛になりかけの状態があるのですね。 腰痛や肛門痛に感じる人もいると分かって安心しました。
赤ちゃんが自分のタイミングで出てくるのを楽しみに、様子を見て行こうと思います。
ありがとうございました。 

2023/11/11 9:56

在本祐子

助産師
肛門痛の中には、お産がかなり進行しているサインの場合もありますので、産院にも随時ご相談なさっていおくと安心ですね。

2023/11/11 9:59

相談はこちら

相談受付中の専門家

妊娠37週の注目相談

妊娠38週の注目相談

妊娠中の体調の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家