閲覧数:1,524

よく喉に詰まらせて命の危険を感じます

くろねこ
離乳食後期ですが、まだ大きいコロコロとしたものは食べてくれず、小さめに刻んでとろみをつけてあげたりしています。
最近、お粥などの柔らかいものでも喉に詰まらせて?オエーと真っ赤になりして苦しんでしまうことがあり、口の中のものを掻き出したりすることがあります。
少しずつあげていますし、喉につまるようなものもあげていないですし、麦茶を飲ませながら食事をしているのに。。
命の危険を感じ、食事が怖いです。
何か対策はありますでしょうか、よろしくお願いいたします。。

2022/4/25 9:45

小林亜希

管理栄養士
くろねこさん、おはようございます。

ご相談ありがとうございます。
11ヶ月のおこさんが離乳食をよく喉に詰まらせていることをご心配されていらっしゃるのですね。

一口量に気をつけていただいていて、
喉に詰まるようなものも控えていらっしゃるとのことですね。

お子さんの丸のみの原因としては、
お子さんの食べる力に対して、固すぎる、大きすぎて噛めないもの
反対に、柔らか過ぎる、小さすぎることで、噛まなくても飲み込めるものとおこさんが判断し噛まずに飲みこんでしまうということも考えられます。

噛むことを促してあげるために、厚みをおさえて、幅はある程度広いもの(いちょう切りなど)にする。形状をアップしてあげることで、噛む練習を進めてあげられるとよいと思いますよ。
バナナの4つ割など長いものをかじりとって食べることでも、カミカミのスイッチが入りやすいです。
よろしければお試しくださいね。

2022/4/25 10:49

くろねこ

0歳11カ月
ありがとうございます。長いものをかじりとり食べも、大きめのカットや大きめのものをつかみ食べさせても、がぶっとして詰まらせてしまって、とてもこわかったので、薄いいちょう切り、やってみます。
本当に命の危機でこわくて、また大きいものをあげる勇気がでません。。涙

2022/4/25 22:07

小林亜希

管理栄養士
くろねこさん、おはようございます。

少し大きめになると、口に頑張って押し込んでしまうお子さんの話をよく耳にしますよ。
その場合、お子さんの口幅より大きいもので、かじりとらないと口に入らない形状のものをオススメすることも多いです。

ママさんの手に食べ物を持って、「あぐっ。」の練習からしていただくと、必要以上の量は口に入らないので、ママさんのご不安も和らぐのかなと感じました。
よろしくお願いします。

2022/4/26 9:25

相談はこちら

相談受付中の専門家

0歳11カ月の注目相談

1歳0カ月の注目相談

離乳食の注目相談

相談はこちら

相談受付中の専門家